お福分け《紅白餅・赤飯》

遠く離れたご両親に。お祝いのお返しに。祝いの会の引出物に。

丸いお餅は、角がない「福」のシンボル。
初誕生日のよろこびを分け合うだけでなく、 相手にこれからもたくさんの「福」が訪れますように。
そう願いながら紅白のめでたい餅でお福分け。

感謝の気持ちを込めてお祝いのお返しを。

「内祝」と「お祝い返し」は同じ?

「内祝」と「お祝い返し」は同じ?

本来「内祝」は、結婚や出産、入学などめでたいことのあった家が「家(内輪)で慶事がありました」とお披露目し、ごあいさつをするというもの。自らが設けた宴席に招待したり、記念の品物を贈ったり。お祝いをもらったかどうかに関わらず「しあわせをおすそ分けする」という意味合いの強いものです。

しかし時代とともに習慣や言葉は少しずつ変化し、現在では「内祝=お祝い返し」という認識が広く浸透しています。本来の認識と、現在の認識、両方が混在している状態です。
そのため、お祝いをもらっていない方に内祝を贈ると「お祝いを催促されているのかな」と誤解されることも多く、お礼状の内容や贈り物のタイミングには配慮が必要です。

贈り物

1歳の赤ちゃんと一生餅

だから「お福分け」

わが子の1歳の誕生日。無事に迎えることができたという感謝を伝えたい、よろこびを分かち合いたい。そんな素直な気持ちを、誤解なく相手に届けるなら、お裾(すそ)分けから転じた「お福分け」のことばが、ちょうどいいかもしれません。
「つまらないもの」という謙遜(けんそん)の意味を含む「お裾(すそ)分け」は、目上の方から目下の人に使うことばですが、「お福分け」なら、目上、目下に関わらずどなたにでも使うことができます。
また子どもの成長に関するお祝いは、お返し不要という考えが一般的ですが、お礼のことばは送りたいもの。一升餅のお祝いの様子がわかる写真や、選び取りの様子を一言添えたお礼状やお電話は、とても喜ばれます。

「お福分け餅」でお祝い返し

心からのよろこびはひとり占めせず、お世話になった方々と共に分け合う。それが特別なお祝いとなる。

感謝と喜びの気持ちをお福分け

1歳の誕生日は家族みんなでお祝い

お福分け《紅白餅》

内祝いには「紅白餅」を。

一升餅と同じお餅でお福分け

一升餅と同じ原材料、同じ製法で丹精込めて作った紅白餅。
お祝いの感動を込めてお届けします。

お福分け《赤飯》

内祝いには「赤飯」を。

一升餅と同じもち米、赤飯のお福分け

一升餅と同じブランドもち米「ヒヨクモチ」を使った赤飯。
賞味期限もながく、調理も簡単な贈り物に最適な逸品です。

お福分け《紅白餅と赤飯》

内祝いには「紅白餅&赤飯セット」を。

紅白餅と赤飯二つで一つのお福分け

お福分け《紅白餅》とお福分け《赤飯》二つをセットにした
もらって嬉しいお福分けセットです。